知っておきたい!これからの時代の遺産相続

認知の後に婚姻した時の相続

知っておきたい!これからの時代の遺産相続
現在子供が2人います。父親は同じ人なのですが、婚姻届の時期によって少しややこしいことになっています。最初の子はまだ婚姻届を出していない時に生まれました。その当時はその子の父親と結婚することはできませんでした。ただ、認知はしてもらっていました。しばらくその関係が続いて一人で子育てをしていたのですが、事業が変わります。その子の父親である人と結婚ができるようになったのです。それは嬉しい事だと思ったのです。

結婚をしてからその後に子供が生まれ、親子で暮らしていました。この時ふとあることを知ることになります。それは、認知をしてもらった場合の相続についてです。通常の子であれば財産の2分の1を子どもたちでわけます。しかし、非嫡出子の場合はその2分の1になるとされます。嫡出子が一人、非嫡出子が一人の場合、一方には4分の3になりますが、もう一方には4分の1しか渡らないことになります。遺言などで調整する必要があるかです。

認知により非嫡出子になった場合、その状況がずっと変わらないように思うかもしれません。でも、その子の父親である人と婚姻届を出すことによって嫡出子になります。そうなれば父親と子の関係も永遠に続きます。そのままにしていても、子供同士では等分に分けられるようになっているのです。大人の事情もあるでしょうが、子供の事情もありますからそれを考えて婚姻関係は行わなければいけません。親の行ったことが影響します。

注目リンク

Copyright (C)2017知っておきたい!これからの時代の遺産相続.All rights reserved.