知っておきたい!これからの時代の遺産相続

遺産相続トラブルとは

知っておきたい!これからの時代の遺産相続
遺産相続でのトラブルはよく聞く話ですよね。対策をしておかないとどんな家庭にでも起こり得ることなのだそうです。そもそも遺産相続とは、亡くなった方の遺産を誰が受け取るか、ということです。どのような遺産を残すかにもよりますが、考えられる遺産としては保険金・銀行預金・土地・家・自動車・株の証券などです。

そして、誰が受け取るのかというところが一番大事なところです。亡くなった方本人が遺言書を書いていれば、効力が生じて優先されますのでその通りに分配すればいいのですが、遺言書を残さずに亡くなってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。法定相続人は誰か、という話になってきます。第一相続人は配偶者、子供、孫になります。第二相続人は両親、祖父母。第三相続人は兄弟、兄弟の子供となります。もちろん第一、第二、第三、と下がっていくのは受け取る人間がいない場合のみです。

両親が亡くなった場合は子供達で相続することになりますが、そこでどのように配分するかを話し合わなければなりません。誰が・何を・どのように分けるか、です。全員が合意した上で配分が済めばいいのですが、結構この話し合いでもつれが生じることが多いのです。また、その前にどんな資産が残されていて、通帳がどこにあるのかも分からないという状態もあるようです。両親が自分だけが分かるような大事なところにしまっていたのならば、当然分からないですよね。生きているときから遺産の話などはあまりしたくはないかもしれませんが、後々直面する問題なのです。生きている間に「もしそうなったときの場合のトラブルを回避するために」きちんと聞いておくべきことでしょう。

注目リンク

Copyright (C)2017知っておきたい!これからの時代の遺産相続.All rights reserved.