知っておきたい!これからの時代の遺産相続

婚姻関係にない人との間の子に相続

知っておきたい!これからの時代の遺産相続
母親との親子関係についてはどのようにして発生するかです。これは分娩の事実により親子関係が生じることになります。では父親との関係については、その時に婚姻関係にあるかどうかになります。通常はその状態での出産になるでしょうから良いですが、未婚の母に関しては婚姻関係はありません。戸籍においては母親の方にのみ子として認識されることになります。母親側が父親が分かる場合もわかっていない場合も載せられないことになるのです。

このことから、子供においては、母親は確実に存在するのですが、父親に関しては存在しない場合も発生します。親の財産を相続するときとしては、父親の分の事もあれば母親の分のこともあるかもしれません。でも父親の存在がわからなければ受けることができません。母親としては、自分の生活はいいとしても、子供の生活のために何とか父親の財産を少しでも分けてほしいと思うことがあるでしょう。この時にしてもらうこととしては認知になります。

子の認知によってどうなるかですが、戸籍において認知した子について載せられることになります。ただし、この場合通常の子とは異なります。通常の子は嫡出子として受けることができ、認知による子は非嫡出子としてになります。非嫡出子の場合は嫡出子の2分の1です。この認知に関しては、遺言などでも行えます。場合によっては、遺言書をみて初めて認知の子がいることを知ることもあります。家族としてはショックなこともあるでしょう。

注目リンク

Copyright (C)2017知っておきたい!これからの時代の遺産相続.All rights reserved.